スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶合戦 前半 あらすじ

前回の第四十二夜で朗読しました、
蝶合戦、第一章、第二章のあらすじです。





ある時、私が半七老人の元を訪れると、蝶合戦に関するおかしな事件の話をかたってくれた。
本所松坂町に住む尼の善昌は、自宅に弁天像を祭り、多くの信者を集めていた。
そこでは、二、三年前にある事件があった。賽銭泥棒が供物を盗み食いして、悶死したのだ。
善昌がその供物を食べても平気だったため、それは仏罰だろうと人々に言われるほど、評判であった。
そして万延元(1860)年の6月、近くの竪川で幾万という蝶が乱れ飛んだときも、
善昌が予言していた凶事の前兆と信者は囁いた。
しかし翌7月、凶事除けに15日間の大護摩焚きを行う最中、善昌が突然弁天様を隠してしまった。
「百か日の間姿を見せるな」というお告げがあったと善昌は説明したが、
どこからか像が無くなったのではという噂も立つ。
そんな中護摩焚き終了の翌日、善昌が姿を消した。
弁天堂に集まった信者たちが見たのは、いつも通り内陣に輝く弁天像と、
善昌の首なし死体だった。
想像されるのは祈祷料や賽銭をねらう泥棒のしわざだったが、
事件を調べに来た半七はあることに気づく。
像をクンクン匂いを嗅いでみて、そして子分の熊蔵にも嗅いで見るようにも言った。
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://readingnight.blog61.fc2.com/tb.php/76-2e84298f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ミミズク

Author:ミミズク
性別:女性

ねとらじ『朗読な夜』を放送させて頂いております。
ご興味を持たれましたら、のんびり聞いていって下さいな♪

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

UstatusChecker

クリックで配信ページへ

読書メーター

mimizukuさんの読書メーター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Copyright © ミミズク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。