FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半鐘の怪 前半のあらすじ

第十回の内容である『半鐘の怪 前半』のあらすじです。

第十一回の冒頭でもこれと同じものを読みますが
ひとつ参考にでもして下さい♪
かなりおおざっぱなあらすじです(笑
(長いので折り込みにしてあります)


この半鐘の怪と言う話は、話し手である私が
十一月はじめ頃、時節柄火事の話になり、そのとき老人から聞いたものである

ある町内で、九月の末から十月の初めにかけて半鐘が時々鳴ったのである。
半鐘というのは火事を知らせる大事な鐘で、それが特に仔細もなしに鳴らされた。
今と違って、火事というのは江戸の町では特に恐ろしいもの。
この悪戯の罪が重いのは言うまでもない

この悪戯で一番迷惑したのは火の見梯子がある自身番の者たちだった。
親方の佐兵衛と伝七、長作は毎晩交代で見張ったが、少し油断をすると半鐘はじゃんじゃん鳴る。
検査をしても、半鐘にはなにも異常はないのだ。
結局、悪戯者は発見されなかった。
そのうち自身番の者たちだけではなく、町内の若いもの総出で見張りをすることになった
悪戯者もこの物ものしい警戒に恐れたらしく、それからしばらくはなにも起こらなかった。
しかしこれに人々が気を緩めると、ある時その禍は一人の女性に訪れた。

お北という女性が、雨の降る夜に路地を歩いていると、俄に傘が重くなった。
不思議に思った彼女が少し傾けようとすると、そのとたんに傘がべりべりと裂け、そして目に見えない手が何処からかぬっと現れ、彼女の髷をぐいっと引っ掴んだのだ。
彼女は叫び声をあげ、正気を失ってしまった。
また、しばらくして、ハンコ屋の物干にかかっていた赤い子供の着物が、さながら魂を持ったようにふらふらと、夕闇の中に足でもあるかのように歩き出したのだ。
結局高い枝にかかっているのが発見されたが、これまた町内を騒がす結果となった。
前者はどうも妖怪の仕業のようで、後者は人間の仕業のように思えた。

この後者について、容疑者が現れた。
権太郎という近所でも評判の悪戯小僧である。ちょうど近くにその者を見たと言う証言が出たのだ。彼は一連の犯人だと決めつけられさんざん謝らされたが、自分の仕業ではないというばかり。
とうとう自身番では棒で殴られ、おまけに両手を縄で縛られて、板の間になっている六畳へほうり込まれてしまった。


ここまでが第一章のあらすじです


これで問題は解決したと安心していた町内の人たちは、その夜中にまたもや鳴る半鐘に驚かされた。警戒すると大人しいが、弛むと半鐘は鳴る。
これによって権太郎の無実は証明されたが、人々は段々疲れてきてどうすれば良いのかわからなかった。だんだん妖怪の仕業のように思われてきた。

半七がこの事件に関わりはじめたのはこの頃からであった。
家主からこの間の詳しい事情を聞き、そして火の見梯子を検分し、お北の家の近くに稲荷の社が在る事を半七は知った。そして犯人とされた権太郎を確認すると、他に手放す事の出来ない用事をかかえていたので、一旦はそこで離れる事となった。

その間に、二つの事件が起きた。
一つは、町内の煙草屋の娘、お咲きが夜道を歩いていると、何者かに後をつけられ最後には突き飛ばされるという事件である。
お咲きは先ほどの事件で権太郎を目撃した証人であるから、その目撃談で酷いめにあった権太郎の仕返しかとされたが、今度は権太朗にもアリバイがあった。
またもうひとつは、自身番の親方、にあった事である。
彼が伝七を付き添いに医者に見てもらった帰りである。夜道の中、何か真っ黒な影が現れたかと思うと、佐兵衛の足下をすくった。彼は滑って転び、伝七は悲鳴を上げて逃げた。この後すぐに伝七と長作が獲物を持って引っ返したが、もうその黒いものの影も見えなかった。
また権太郎が疑われたが、またもや彼にはアリバイがあった。
こうして、悪戯小僧にかかる疑いはしだいに薄れて来たが、それと同時にこの不思議に対する疑いはいよいよ濃くなった。
この頃は方々の家で食い物を盗まれた。お咲をおどかした遺り口といい、佐兵衛を襲った手段といい、妖怪がだんだんに人間味を帯びて来たことは誰にもうなずかれた。
権太郎以外のいたずら者がこの町内へ入り込んで来るに相違ないというので、又もや町内総出で毎晩の警戒を厳重にすることになった。


~おわり~
スポンサーサイト

Comment

2009.07.23 Thu 21:33  |  No title

コメント一番乗り頂きました!
今日の放送も楽しみにしています。

  • #8lsWYYUo
  • koh
  • URL
  • Edit

2009.07.23 Thu 22:14  |  こんばんは

ブログ開設おめでとうございます!
これからもミミズクさんの朗読を楽しみにしています

  • #4tJ5od2k
  • 音量の人
  • URL
  • Edit

2009.07.24 Fri 00:09  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2009.07.25 Sat 13:45  |  No title

>kohさん
コメント一番乗りおめでとうございます(笑
放送如何だったでしょうか?
楽しみにして頂いたようで、ありがとうございます♪

>音量の人さん
コメントありがとうございますw
ブログはなかなか更新出来ないかもしれませんが頑張ってきますよ~

>名無しの人(管理人のみ閲覧)さん
コメントありがとうございます♪
これからもラジオをつづけていくので、よろしくお願いしますw

  • #-
  • ミミズク
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://readingnight.blog61.fc2.com/tb.php/2-75f87ab9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ミミズク

Author:ミミズク
性別:女性

ねとらじ『朗読な夜』を放送させて頂いております。
ご興味を持たれましたら、のんびり聞いていって下さいな♪

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

UstatusChecker

クリックで配信ページへ

読書メーター

mimizukuさんの読書メーター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Copyright © ミミズク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。